男の髭脱毛はどれくらい痛いの?口コミなどから調査!

髭脱毛を考える時、気になることの1つとして痛みがあります。
毛を抜くわけですから当然痛みを伴うのですが、その痛みは脱毛の方法によっても違いますしなにより痛みへの耐性は個人差があります。
脱毛サロンやクリニックのホームページなどを見ると痛みはほとんどないと紹介されていることもありますが、口コミなどを見ると痛みはある程度感じることになるようです。

 

まず方法による違いですが、髭脱毛には主にレーザー脱毛とフラッシュ脱毛があり、レーザー脱毛の方が痛いとされています。
これはレーザー脱毛の方が出力が高いからで、脱毛効果も期待できる反面どうしても痛みが伴います。
フラッシュ脱毛は出力が低いため痛みが少ないのが特徴ですが、レーザー脱毛ほどの効果は期待できないため施術回数が増えます。
どちらもゴムを引っ張ってパチンと肌に当てるような鋭い痛みがあり、少なくとも毛抜きを使って抜くよりは痛いと考えておきましょう。

 

個人差による違いですが、こちらはかなり大きな差が出るようです。
人によってはまったく痛くなかった、ちょっと刺激を感じる程度だったということもあるのですが、痛みに弱い、敏感な人だと痛さのあまり施術を諦めるなんてこともあります。
なぜこれほどの差が出るのか、それは脱毛の仕組みに原因があり、レーザー脱毛もフラッシュ脱毛も特殊な光を肌に照射して脱毛します。
たとえば毛の量が多いとそれだけ光に肌が反応するため痛みが強くなり、また日焼けしているなどで肌が黒いとそれに光が反応してやはり痛みが強くなります。
逆に言うと毛の量が少なく肌が白い人は痛みを感じにくいのです。
自分がどちらのタイプなのかによっても痛みの強さは変わってきます。

 

最近では痛み対策として麻酔を使用してくれることもありますのでサロンやクリニックでしっかりとカウンセリングをして痛みに備えてもらうことも大切です。
ある程度の期間通うことになりますから痛くて途中で挫折してしまわないようにしましょう。

日焼け好きの人が髭脱毛 できないのはなぜ?

あまり知られていないことですが、一般的に日焼けをしていると髭脱毛をすることができません。
それはなぜか、肌の色と脱毛の仕組みが大きく関係しています。

 

髭脱毛の主流な方法はレーザー脱毛とフラッシュ脱毛で、どちらも特殊な光を使っています。
特殊な光を毛穴に照射して毛を抜くのですが、この光は黒い色に反応するようにできています。
黒い色、つまり毛穴に生えている毛に反応して作用する仕組みです。
しかし日焼けをしていると肌も黒い色に近付くためレーザーやフラッシュが毛ではなく肌に反応してしまうのです。
肌に直接作用してしまうことになり、これが原因で肌がやけどしてしまうリスクが生まれます。
当然脱毛効果も弱まってしまいますし、危険もあることから日焼けしていると施術を断られてしまいます。

 

対策としては日焼けをしないこと第一です。
ただ、夏場はどうしても日焼けしやすくなってしまいますし、アウトドアが趣味だという男性ならなおさらです。
ですので髭脱毛をする時は夏を避け、日焼けしていない秋や冬を狙いましょう。
春でもいいのですが施術にはある程度の期間が必要で、施術が完了する前に夏が来て日焼けしてしまう可能性があります。
毛の生えてくる周期に合わせて施術しますから月に1度くらい通うのが基本ですので十分な期間を設けましょう。

 

また、どうしても日焼けはしたいという男性はレーザーやフラッシュによる脱毛ではなく、針による脱毛を選ぶ方法もあります。
いわゆるニードル脱毛と呼ばれる方法で、針によって毛を抜きますので肌の色は関係ありません。
医療行為のためサロンではなくクリニックでしか施術を受けられない、料金が高い、痛みが強いという問題もありますが日焼けしながら髭脱毛をするには最適です。

 

髭脱毛をする時、もし自分の肌の色が気になる場合はカウンセリングで相談し、脱毛可能かどうかをしっかり確認しましょう。
残念ながら断られてしまった場合は日焼けを改善するか、脱毛方法を変えるかで対応しなければなりません。

ちょっと薄くするだけでも効果アリ?永久脱毛だけじゃないメンズ髭脱毛

髭脱毛というと永久脱毛することとイメージしてしまいがちですが、これは間違いです。
たしかに髭脱毛は永久脱毛が可能ですがやり方によっては髭を薄くするだけも可能で、将来的に髭を伸ばしたくなるかもしれない、ちょっとだけ薄くできればいい、そんな男性にも最適です。

 

髭脱毛の方法にはレーザー脱毛やフラッシュ脱毛、ニードル脱毛などいくつかの方法がありますがどれも特定の部位を狙って脱毛を行います。
つまり自分の好きな部位だけ脱毛可能で、さらに髭の濃さを調節することも可能です。
たとえばアゴ部分は残して鼻の下、頬だけを脱毛したり、モミアゲの青髭になってしまう部分だけを脱毛したりもできるのです。
施術を受けるといきなり永久脱毛になるわけではなく、何度も施術を繰り返すことで最終的に永久脱毛となる仕組みですから施術回数を調整することで髭の濃さを自由に変えられる形です。

 

永久脱毛ではなく、髭を少し薄くするだけでも毎日の髭剃りが楽になりますし、見た目の印象も大きく変わります。
髭のまったくないツルツルな肌が魅力的と感じる男性もいれば、ある程度髭があった方が男らしくて良いという男性もいます。
そんな個人で違う理想の状態をしっかり作り出すことができるのも髭脱毛のメリットで、特徴でもあります。
髭脱毛をする時は必ず事前にカウンセリングが行われますので担当するスタッフに永久脱毛ではなく、薄くしたいだけと伝えましょう。
そうすればこちらの要望を確認し、その通りに施術をしてくれます。

 

髭は処理をするのは面倒ですがオシャレのために必要になったりもします。
髭が生えているからこそ楽しめるオシャレもあるので髭脱毛=永久脱毛と考えるのではなく、ちょうどよい濃さにするための方法だと認識しましょう。
薄くするだけなら施術の回数も少なくて済み、経済的にも負担を抑えられることがあるのでこの点も注目です。
ちょっとした手間で理想の髭を作り出すことが可能なのです。

 

http://髭脱毛横浜なら.com/